多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

夏休み中が危険 未成年を勧誘する詐欺集団から子供を守る

公開日: 更新日:

 詐欺組織が未成年者を雇うケースが増えてきている。

 数年前も高齢者から騙し取ったキャッシュカードでATMから現金を引き出した「出し子」の容疑者として、警察が防犯カメラの映像を公開したところ、中学2年の女子が出頭してきた。

 本来、未成年者は少年法で守られており、映像などは公開できないことになっている。警察は「20代と考えた」と説明するが、少女の写真はすでにネット上で拡散しており、映像公開に有識者らから非難が殺到したものだ。このように、警察も想定していないほど詐欺集団のメンバーが低年齢化しているのだ。

 詐欺・悪徳商法ジャーナリストの多田文明氏がこう説明する。

「詐欺組織は『公開捜査』による逮捕リスクを減らす意味合いを含め、意図的に未成年者を使っている節があります。未成年者は社会的な常識が希薄なため、罪の意識が薄く、命令にも反論しないので指示に従わせやすい。また、脅しも効きやすく、繰り返しの犯行をさせやすいのです。未成年者自身も『お小遣いが欲しい』と思っているので勧誘しやすい。70代の男性宅に甥を名乗って電話をかけ、100万円を騙し取ったとして逮捕された少年2人は、『彼女とのデート費用や旅行代が欲しかった』と供述しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す