多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

夏休み中が危険 未成年を勧誘する詐欺集団から子供を守る

公開日: 更新日:

 詐欺組織が未成年者を雇うケースが増えてきている。

 数年前も高齢者から騙し取ったキャッシュカードでATMから現金を引き出した「出し子」の容疑者として、警察が防犯カメラの映像を公開したところ、中学2年の女子が出頭してきた。

 本来、未成年者は少年法で守られており、映像などは公開できないことになっている。警察は「20代と考えた」と説明するが、少女の写真はすでにネット上で拡散しており、映像公開に有識者らから非難が殺到したものだ。このように、警察も想定していないほど詐欺集団のメンバーが低年齢化しているのだ。

 詐欺・悪徳商法ジャーナリストの多田文明氏がこう説明する。

「詐欺組織は『公開捜査』による逮捕リスクを減らす意味合いを含め、意図的に未成年者を使っている節があります。未成年者は社会的な常識が希薄なため、罪の意識が薄く、命令にも反論しないので指示に従わせやすい。また、脅しも効きやすく、繰り返しの犯行をさせやすいのです。未成年者自身も『お小遣いが欲しい』と思っているので勧誘しやすい。70代の男性宅に甥を名乗って電話をかけ、100万円を騙し取ったとして逮捕された少年2人は、『彼女とのデート費用や旅行代が欲しかった』と供述しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る