多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

家を訪ねキャッシュカードを狙う「新元号詐欺」の巧妙ぶり

公開日: 更新日:

 高齢女性の元に市役所の職員を名乗る男から「医療費を払い過ぎていますので、お金をお戻しします」と電話があった。「どちらの口座に払い込めばよろしいですか」の問いに「○○銀行です」と答えると、「わかりました。振り込んでおきますね」と電話が切れた。今までの還付金詐欺なら、この後、ATMに誘導して、振り込みをさせるのだが、新たな手口は違う。

 行員を名乗る男から「市役所から聞き、振り込みをしようとしたのですが、キャッシュカードが『令和』の元号に対応していないので振り込めません」と電話が。

「本日中の手続きが必要なので、これから、すぐにお伺いしますので、キャッシュカードを渡してください」と続く。

 しばらくするとスーツ姿の銀行員を名乗る詐欺師が現れ、キャッシュカードを渡してしまう。


 事前の会話の中で「本人確認のため」などと称して暗証番号を聞き出し済みなので、現金は簡単に引き出されてしまうわけだ。改元を悪用した新元号詐欺だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る