多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

家を訪ねキャッシュカードを狙う「新元号詐欺」の巧妙ぶり

公開日: 更新日:

 高齢女性の元に市役所の職員を名乗る男から「医療費を払い過ぎていますので、お金をお戻しします」と電話があった。「どちらの口座に払い込めばよろしいですか」の問いに「○○銀行です」と答えると、「わかりました。振り込んでおきますね」と電話が切れた。今までの還付金詐欺なら、この後、ATMに誘導して、振り込みをさせるのだが、新たな手口は違う。

 行員を名乗る男から「市役所から聞き、振り込みをしようとしたのですが、キャッシュカードが『令和』の元号に対応していないので振り込めません」と電話が。

「本日中の手続きが必要なので、これから、すぐにお伺いしますので、キャッシュカードを渡してください」と続く。

 しばらくするとスーツ姿の銀行員を名乗る詐欺師が現れ、キャッシュカードを渡してしまう。


 事前の会話の中で「本人確認のため」などと称して暗証番号を聞き出し済みなので、現金は簡単に引き出されてしまうわけだ。改元を悪用した新元号詐欺だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る