遺品整理や引っ越しなどで激増 仏壇処分は大きく分けて4つ

公開日: 更新日:

 お盆が近づいた。ご先祖さまが浄土から地上に戻るのをお迎えし、先祖の霊を供養する期間だ。ところが今、先祖の位牌(いはい)やご本尊を納める仏壇を処分する人たちが増えているというのだ。

 仏壇は日本人の心のよりどころとして、どの家にも置かれ日常生活に溶け込んだ大切なものだった。遺品整理専門会社キーパーズ(東京都大田区)の吉田太一社長が言う。

「仏壇の処分は増えています。昨年でも200本以上ありました。回収した仏壇は祭壇で遺品とともに供養し、処理しています。マンションに引っ越し部屋が狭くて置けない、小型の仏壇に買い替えるとか、中には仏壇の必要性を感じないという方もいます」

 岐阜・東海地方で仏壇専門のリサイクルを行っている業者はこう語る。

「仏壇処分の問い合わせが非常に増え、年間200本は解体しています。従業員にお坊さんがいるので、20本ぐらい集まると供養して解体する。この地方は金仏壇が多く、うちは解体して仏壇に貼られた金箔(きんぱく)を剥がしてその回収もしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る