ハリー杉山さん<4>人生初インタビューは緊張で何もできず

公開日: 更新日:

 インターンとして半年、正社員として1年。投資銀行「ビジネス・ディベロップメント・アジア合同会社(BDA)」での仕事は充実していただけに、大学進学をやめて、そのまま働き続ける選択肢もあったが、2005年、20歳のとき、イギリスへ戻ってロンドン大学へ進んだ。

「日本での日々は楽しく幸せでしたが、あくまでも社会勉強の時間。働きづめで、大学への期待感も募り始めていたので、大学に戻ることにしたのです。ジャーナリストだった父の背中を見て育ち、根っこでは日中韓で“伝える仕事”をすることに宿命的なものを感じていましたから」

 ロンドン大に進学し、東洋アフリカ学院で1年間中国語を学び、翌06年には北京師範大学へ1年間留学したのは、父の影響だった。

 その後はロンドンに戻って韓国語を学ぶ予定だったが、方針転換で大学に戻らず、中退し、日本に帰国することに。なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る