ハリー杉山さん<4>人生初インタビューは緊張で何もできず

公開日: 更新日:

 インターンとして半年、正社員として1年。投資銀行「ビジネス・ディベロップメント・アジア合同会社(BDA)」での仕事は充実していただけに、大学進学をやめて、そのまま働き続ける選択肢もあったが、2005年、20歳のとき、イギリスへ戻ってロンドン大学へ進んだ。

「日本での日々は楽しく幸せでしたが、あくまでも社会勉強の時間。働きづめで、大学への期待感も募り始めていたので、大学に戻ることにしたのです。ジャーナリストだった父の背中を見て育ち、根っこでは日中韓で“伝える仕事”をすることに宿命的なものを感じていましたから」

 ロンドン大に進学し、東洋アフリカ学院で1年間中国語を学び、翌06年には北京師範大学へ1年間留学したのは、父の影響だった。

 その後はロンドンに戻って韓国語を学ぶ予定だったが、方針転換で大学に戻らず、中退し、日本に帰国することに。なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る