田中信一郎
著者のコラム一覧
田中信一郎千葉商科大学基盤教育機構准教授

千葉商科大学基盤教育機構准教授。元長野県企画振興部総合政策課企画幹。著書に「信州はエネルギーシフトする―環境先進国・ドイツをめざす長野県」(築地書館)などがある。

農地再生にもなる「ソーラーシェアリング」をやってみよう

公開日: 更新日:

 定年退職したら、実家や近所の畑で野菜作りでもしようかと考えている人も多いでしょう。そういえば、田舎の畑、荒れてしまったなぁ。そんなことを思いながら、通勤電車でこの記事を読んでいる方もいるのではないでしょうか。

 田んぼや畑という農地を維持し、荒れ果てた耕作放棄地を再生することは、そのまま地域の活性化につながります。農地が荒れてしまうと、景観を損なうだけでなく、害虫などの巣になって、周囲の農地に悪影響を与えるからです。きちんと維持していれば、そこから生まれる産物が誰かの喜びに直結します。

 しかし、地方で会社勤めをしながら農業していた人ならいざ知らず、都市で農業と無縁に暮らしていた人が、いきなり畑仕事を始めるのは容易ではありません。

 多くの自治体やNPO(民間非営利団体)で、初心者向けの農業教室を実施していますので、会社勤めのうちから通うことをお勧めします。たとえば、横浜市では「市民農業大学講座」として、全くの素人を対象に、土いじりの基礎を教えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る