田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

今年3月に国会の場で「将棋振興」が初めて取り上げられた

公開日: 更新日:

 3月に開かれた参議院文教科学委員会で石井浩郎議員(自民党)が道徳教育について質問していた。

 その流れで「日本の伝統文化である将棋は、対局で敗者は自ら負けを潔く認め、勝者は相手に敬意を払います。ほかの競技では例を見ない礼儀作法は、子どもたちの道徳教育につながると思います」と、将棋の有益性を語っていた。

 それを受けて柴山昌彦文部科学大臣は、「将棋を学ぶことで育まれる集中力などは、子どもたちの成長に大きな影響を与えると考えています。文化庁として、引き続き将棋の普及に取り組んでいきたい」と答弁した。

 国会の場で、将棋の振興が議題になったのは初めてのことだった。

 実は、2011(平成23)年8月に「将棋文化振興議員連盟」が設立された。民主党、自民党、公明党共産党、国民新党、みんなの党など、超党派で約50人の国会議員が議員会館に集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る