田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

今年3月に国会の場で「将棋振興」が初めて取り上げられた

公開日: 更新日:

 3月に開かれた参議院文教科学委員会で石井浩郎議員(自民党)が道徳教育について質問していた。

 その流れで「日本の伝統文化である将棋は、対局で敗者は自ら負けを潔く認め、勝者は相手に敬意を払います。ほかの競技では例を見ない礼儀作法は、子どもたちの道徳教育につながると思います」と、将棋の有益性を語っていた。

 それを受けて柴山昌彦文部科学大臣は、「将棋を学ぶことで育まれる集中力などは、子どもたちの成長に大きな影響を与えると考えています。文化庁として、引き続き将棋の普及に取り組んでいきたい」と答弁した。

 国会の場で、将棋の振興が議題になったのは初めてのことだった。

 実は、2011(平成23)年8月に「将棋文化振興議員連盟」が設立された。民主党、自民党、公明党、共産党、国民新党、みんなの党など、超党派で約50人の国会議員が議員会館に集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る