安部龍太郎氏 隆慶一郎作品を敬愛し晩酌をやめて墓を購入

公開日: 更新日:

「吉原御免状」(隆慶一郎 著)

 私の人生を変えた一冊といえば、隆慶一郎さんの本以外、ありませんね。ただし、この一冊とは言えない。隆さんの本すべてが私の人生を変えたんです。

 隆さんの作品と出合ったのは、私がデビューする前の30歳ごろです。

 今でこそ私は歴史小説を書いていますけど、実はデビュー前は現代小説家志望だったんです。ところが数々の新人賞に応募しても、さっぱりダメ。すっかり行き詰まって、どうにか最終候補まで残った歴史・時代小説に活路を見いだしていったんです。腹を据えて歴史小説でデビューを目指すものの、やはり心の隅っこに現代文学への未練が……。

 そんなときに、「週刊新潮」で始まった隆さんのデビュー作「吉原御免状」に出合ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る