安部龍太郎氏 隆慶一郎作品を敬愛し晩酌をやめて墓を購入

公開日: 更新日:

「吉原御免状」(隆慶一郎 著)

 私の人生を変えた一冊といえば、隆慶一郎さんの本以外、ありませんね。ただし、この一冊とは言えない。隆さんの本すべてが私の人生を変えたんです。

 隆さんの作品と出合ったのは、私がデビューする前の30歳ごろです。

 今でこそ私は歴史小説を書いていますけど、実はデビュー前は現代小説家志望だったんです。ところが数々の新人賞に応募しても、さっぱりダメ。すっかり行き詰まって、どうにか最終候補まで残った歴史・時代小説に活路を見いだしていったんです。腹を据えて歴史小説でデビューを目指すものの、やはり心の隅っこに現代文学への未練が……。

 そんなときに、「週刊新潮」で始まった隆さんのデビュー作「吉原御免状」に出合ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る