怪談をどう伝えるか 稲川淳二さん「死の地帯」から教わる

公開日: 更新日:

「死の地帯」(ラインホルト・メスナー著)

 私、怪談で生活するようになるとは、思っていませんでした、本当に。テレビに出るとも思っていませんでした。

 もともとの職業は工業デザイナーですからね。東京の高校から専門学校へ行って、その後、親友に誘われて静岡の浜名湖で舘山寺マリーナとかあれこれデザインしました。

 23歳で東京に戻ったら、今度は芸能美術、つまり舞台やテレビのセットの図面を描いて仕上げていくことをやりたいなあと思って、劇団に出入りするように。そこから人生が変わっていきました。

 頼まれて、劇団の子役やお母さんを撮影所やテレビ局に連れて行っていたら、私が子ども番組にスカウトされましてね。テレビに出るようになったら、デザインの仕事も増え、うまく回ってるなあと思っていたら、今度は「オールナイトニッポン」ってラジオ番組でしゃべるようになったんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る