河合雅司さん<5>「出生数36万人激減」に目を奪われた

公開日: 更新日:

 30代は政治の中枢で政局を見てきた。それを過ぎて記者生活の後半になると、政策が取材テーマになった。厚労省の記者クラブに異動し、現在のテーマである少子高齢化の人口問題に携わったのがきっかけだ。

「厚労省担当になったのは、小泉改革の最後の頃で、毎年のように年金、医療、介護と制度改革がありました。社会福祉がクローズアップされて、世間も注目した。社会福祉なんて、野党に得点を稼がせるための“道具”のように扱われていましたが、外交と並ぶ日本の重大課題になってきたんだと実感しました」

 それからは社会福祉に関する統計資料を読み込み、勉強する日々を過ごした。そんな中、ある数字に目を奪われた。

「1949(昭和24)年と50(昭和25)年の1年間で、出生数が激減していることに気づいたのです。なぜか一度に36万人減っていた。49年はいわゆる団塊世代のピーク。それまでは増減があっても1万人程度しか違わなかったので、この数字に驚かされて興味を持ちました。結局、社会保障の問題は人口問題なんだと分かったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る