「財政検証」でわかった 30~40代の30年後の年金受給金額

公開日: 更新日:

 公的年金の将来の給付水準などを示す「財政検証」が公表された。検証はおおむね5年に1度実施されるが、前回の2014年検証に比べ、やはりというか、残念というか、もらえる額はより一層厳しくなった。一体どれくらい減るのか?

  ◇  ◇  ◇

 前回2014年は6月に検証結果が公表された。今回も厚労省は同じ時期の公表を予定していたようだが、「夫婦で老後2000万円が不足」の金融庁報告のゴタゴタがあり、さらには参院選も重なって、姑息な政府の思惑でこの時期にまでずれ込んでいる。年金が将来どれくらいもらえるかは、現役世代にとっての人生設計や家族の消費金額に直結する最重要問題。それだけに今回の財政検証に対する国民の注目はより一層高いものとなってしかるべきだが、テレビや新聞など主要メディアに目をやると、どれもこれも韓国の話題ばかり。見事に政府の術中にハマっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  5. 5

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る