“マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

公開日: 更新日:

 今年はおよそ5年おきに行われる年金財政検証の年に当たる。とはいえ、過去に「年金が上がる」といった検証がなされたことはなく、現役世代の給付額を下げることばかり話し合われてきた。今回も委員から「最悪のシナリオも考えてみてはどうか」という発言が飛び出ている。

  ◇  ◇  ◇

 マクロ経済スライドが発動され、今年度の年金額が昨年度より0.1%増えている。厚労省によると、モデル世帯(夫婦)の受給額は、22万1277円から227円増えて22万1504円。国民年金(1人分)は、満額6万4941円が67円増えて6万5008円になった(表1)。

 年金が増えるのは単純にうれしいが、マクロ経済スライドと聞いてピンとくる人は少ないだろう。「マクロ経済スライドとは、そのときの社会情勢に合わせて、年金の給付水準を自動的に調整する仕組み」(厚労省年金局)のこと。年金というのは本来、世の中の賃金や物価の上昇や減少と一緒に増えたり減ったりするものだが、上がったからといって、そのまま高齢者に分配していては「100年安心年金」の持続が難しくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

もっと見る