小島慶子さん<5>管理職には向かない 社内表彰で退社を決意

公開日: 更新日:

 それでも会社員である以上、年次が上がれば管理職になることは避けられなかった。

「だから、今しかないと決断したのです。表彰されたその日の夕方、辞表を提出しました。周囲からは『今日、表彰式で賞をもらっておいて、おまえは何を考えているんだ』と、また怒られましたけどね。私はむしろ今日、やっと会社への借りを全部お返しできたと思えたのです」

 真顔で引き留める人、何を今更と笑う人……15年目のフリー転身に対し、周囲の反応はさまざまだった。

「それでも私の気持ちは揺るぎませんでした。得意なラジオを生かして全国を回れば、何とかなるかなって」

 10年6月、TBSを退職した。

「会社には感謝の気持ちしかありませんね。入社早々にはみ出して理屈ばかりこねていたわがまま娘を、よくもまあ15年もじっと育ててくれたなあと思います。ラジオに出合えたのも財産。入社前から一緒に遊んでいた仲の良い2人の同期にも恵まれた。TBSは今の私の礎です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る