千葉・ユーカリが丘 人口倍増は「成長管理型」の街づくり

公開日: 更新日:

 千葉県の郊外エリアである佐倉市ユーカリが丘は、全国での人口減少に逆行するかのように、ここ30年で住民が増え続けている。

 特徴は街の開発から維持管理までを山万というディベロッパーが一手に担い、「成長管理型」の街づくりをしているところだ。通常、住宅分譲地の多くは一斉に分譲をするため、街の新陳代謝が行われにくく、住民の高齢化とともに空き家が増え、街は衰退していく。実際、高度成長期に分譲された全国のニュータウンでは空き家が激増し、深刻な社会問題になっている。

 それを防ぐために、ユーカリが丘では、開発当初から年間の分譲数を制限。さらに、あらゆる世代のニーズを満たすさまざまな工夫が行われている。

「そのひとつがハッピーサークルシステムといって、エリア内での住み替えを促進しています。例えば、今から30年前に30代の方が4LDKの一戸建てを購入したとして、子供が巣立ち夫婦2人になった場合、不要な部屋が出てきます。そうした時に、エリア内のマンションの小ぶりな住宅にスムーズに移れるように、査定額の100%で買い取りをしています。さらに高齢になれば、マンションを売却してエリア内の介護付き有料老人ホームに移ることも可能です。ライフスタイルに合わせて、同じエリア内で柔軟に家の大きさを替えられるようにしています」(山万株式会社企画部・久須見裕文さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る