千葉・ユーカリが丘 人口倍増は「成長管理型」の街づくり

公開日: 更新日:

 千葉県の郊外エリアである佐倉市ユーカリが丘は、全国での人口減少に逆行するかのように、ここ30年で住民が増え続けている。

 特徴は街の開発から維持管理までを山万というディベロッパーが一手に担い、「成長管理型」の街づくりをしているところだ。通常、住宅分譲地の多くは一斉に分譲をするため、街の新陳代謝が行われにくく、住民の高齢化とともに空き家が増え、街は衰退していく。実際、高度成長期に分譲された全国のニュータウンでは空き家が激増し、深刻な社会問題になっている。

 それを防ぐために、ユーカリが丘では、開発当初から年間の分譲数を制限。さらに、あらゆる世代のニーズを満たすさまざまな工夫が行われている。

「そのひとつがハッピーサークルシステムといって、エリア内での住み替えを促進しています。例えば、今から30年前に30代の方が4LDKの一戸建てを購入したとして、子供が巣立ち夫婦2人になった場合、不要な部屋が出てきます。そうした時に、エリア内のマンションの小ぶりな住宅にスムーズに移れるように、査定額の100%で買い取りをしています。さらに高齢になれば、マンションを売却してエリア内の介護付き有料老人ホームに移ることも可能です。ライフスタイルに合わせて、同じエリア内で柔軟に家の大きさを替えられるようにしています」(山万株式会社企画部・久須見裕文さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る