関電幹部が「スーツ仕立て券」を返却しなかったセコい理由

公開日: 更新日:

「スーツ仕立券とは、商品券のように○万円の額面までの買い物ができるのではなく、生地と縫製代を含む指定されたスーツが仕立てられる引換券のこと。お仕立券発行価格以下でご注文いただいたとしても差額はご返金できませんし、他の商品との交換もできません」(高級オーダー紳士服の銀座SAKAEYA)

 50万円の仕立券を店に持っていって20万円くらいのスーツを仕立て、その差額を懐に入れるようなこともできないというわけだ。かなりセコいが、八木会長が「使ってしまった」のも当然。残していても換金もできず、いずれ有効期限が過ぎればただの紙くずになってしまう。

 ただし、ひとつだけ裏ワザがある。受け取った仕立券が百貨店の発行したものであった場合だ。

「扱っているのはワイシャツのオーダーシャツ仕立券ですが、有効期限内であれば別の商品券と交換させていただきます」(新宿高島屋)

 これなら食料品や婦人服も購入できることになる。

 いずれにせよ、スーツ仕立券は使ってしまうと店の顧客名簿に記録が残ってしまう。現金のように「返却した」と弁明しても後でウソがバレてしまうから、八木会長も正直に答えるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る