東京で進む国際化 江戸川区は日本人より外国人が人口増加

公開日: 更新日:

 東京都23区といっても、それぞれの地域でカラーが違う。ビジネス街、工場地帯、山手に下町の住宅地……最近、外国人が増えているといわれるエリアが、東京都の最も東に位置する江戸川区だ。

 区内のJR総武線小岩駅の周辺はかつて作家の椎名誠らが共同生活をし、最近ではタレントのマツコ・デラックスが暮らしていた過去をネタにする“昭和感”のあるエリアとして知られている。

 東京・城東地区では立石や北千住と並ぶセンベロ系酒場の多い町であり、先日も記者は同業者と小岩で一杯やったのだが、駅の改札口を出て開口一番、彼は「小岩って外国人が多いすねー!」と話した。見渡すと確かにそうなのだ。新宿区の新大久保や歌舞伎町ならまだしも、駅近くに住宅街も広がる小岩ということで意外だったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る