屋宜明彦
著者のコラム一覧
屋宜明彦家じまいアドバイザー

1979年、宝塚市生まれ。一般社団法人「心結(しんゆう)」代表理事。生前・遺品整理を行う「スリーマインド」社長。終活・家じまいなどをテーマに年間100本以上の講演を行う。

親も子も元気なうちが基本「元間整理」で注意すべきことは

公開日: 更新日:

 離婚バツイチのお父さん。定年後は悠々自適の一人暮らし。駅から徒歩5分、家賃十数万円のマンションに暮らしていた。ところが、よもやの孤独死……。最愛の娘は相続放棄し、唯一の身内である兄が家じまいのために弟の家を訪れた。その兄がこう証言する。

「今まで一度も入ったことがないのですが、部屋を見てびっくり。壁をぶち抜くなど改造三昧。おまけにベランダでガーデニングをしていたようで、土を敷き詰め、ほぼ庭のようになっていました」

 困り果てた末、家じまいアドバイザーの屋宜明彦さんに片付けの依頼をしたのだという。

 屋宜さんがこう言う。

「私はアドバイザーの傍ら、生前整理から遺品整理までを請け負うスリーマインドという会社を運営しているので、そちらで片付けを行ったのですが、11階の部屋から何度も土を運んで階下まで下りました。退去には原状回復が条件になるのです。困ったのは、賃貸契約書が見つからなかったこと。生前に情報共有がされていれば、スムーズに家じまいができるのですが、この時は骨が折れました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る