屋宜明彦
著者のコラム一覧
屋宜明彦家じまいアドバイザー

1979年、宝塚市生まれ。一般社団法人「心結(しんゆう)」代表理事。生前・遺品整理を行う「スリーマインド」社長。終活・家じまいなどをテーマに年間100本以上の講演を行う。

親も子も元気なうちが基本「元間整理」で注意すべきことは

公開日: 更新日:

 離婚バツイチのお父さん。定年後は悠々自適の一人暮らし。駅から徒歩5分、家賃十数万円のマンションに暮らしていた。ところが、よもやの孤独死……。最愛の娘は相続放棄し、唯一の身内である兄が家じまいのために弟の家を訪れた。その兄がこう証言する。

「今まで一度も入ったことがないのですが、部屋を見てびっくり。壁をぶち抜くなど改造三昧。おまけにベランダでガーデニングをしていたようで、土を敷き詰め、ほぼ庭のようになっていました」

 困り果てた末、家じまいアドバイザーの屋宜明彦さんに片付けの依頼をしたのだという。

 屋宜さんがこう言う。

「私はアドバイザーの傍ら、生前整理から遺品整理までを請け負うスリーマインドという会社を運営しているので、そちらで片付けを行ったのですが、11階の部屋から何度も土を運んで階下まで下りました。退去には原状回復が条件になるのです。困ったのは、賃貸契約書が見つからなかったこと。生前に情報共有がされていれば、スムーズに家じまいができるのですが、この時は骨が折れました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る