矢島光さん<4>仕事も仲間と飲むのも楽しいだけでいいのか

公開日: 更新日:

 サイバーエージェントには、「maxims(マキシムズ)」という行動規範がある。

「オールウェイズ・ポジティブ、ネバーギブアップ」「行動者のほうがかっこいい」「新しい産業を、自らの手で創るという誇り」……など全部で8つ。

「当時はトイレに張ってあって、毎日、目にしているうちに、いつの間にか刷り込まれていました。宗教みたいですよね(笑い)。でも、本当に効果があって、暗かった私が明るく前向きになれたので、『maxims』は今でも凄く好きです」

 しかし、睡眠3時間での無休生活が続くはずはない。入社翌年の13年6月から半年間、休職することになる。

「だんだんベッドから出られなくなって……。うつというほどではなかったんですが、“会社に行きたくない症候群”でした。実家へ帰って、母と料理作ったり、裁縫して休んだり。休職中も、6割ぐらい給料が出たのはありがたかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る