15km走り、心拍停止の女性を救い、プロポーズしたSWAT隊員

公開日: 更新日:

「スーパーヒーローだ!」――米シカゴ市警に勤務する警察官に称賛の声が集まっている。

 米地方テレビ局WGN(11月4日付電子版)などによると、シカゴ市警のSWAT(特殊武装・戦術チーム)に救急隊員として勤務しているマイク・ノワッキー巡査部長(写真右)は、恋人のエリン・グバラさん(同左)にプロポーズするための、あるアイデアを思いついた。

 11月2日に行われる同市警の持久走大会「オールステート・ホット・チョコレート15K」に出場しよう! このレースは、距離は15キロとハーフマラソン以下だが、総重量約23キロのSWATの装備をすべて身に着けて走るという過酷なもの。見事走り抜き、頼もしい姿を見せ、ゴールした後にプロポーズしようというわけだ。

 シカゴ市警に勤続19年のマイクさんは張り切って出場。「何て言ってプロポーズしよう?」などと考えながら、ゴールまであと約140メートルのところで、人びとが「お医者さん、お医者さんはいませんか?」と叫んでいるのに気がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る