「駐禁の罰金をキャットフードで」…米警察の作戦が大成功

公開日: 更新日:

 “猫の魅力”は、やはりハンパじゃない。

 米CNN(7月29日付電子版)などによると、インディアナ州マンシーの動物保護施設(ACS)に保護された猫が増えすぎた。餌代や猫用トイレが足りず、四苦八苦していると知ったマンシー市警が、名案を思い付いた。

 7月16日、猫の短い動画と共に、こんなツイートを投稿したのだ。

〈駐車違反の罰金をキャットフードで払おう!〉〈19日金曜日の午後4時まで、駐車違反の罰金を、キャットフードや猫用トイレで払うことを認めます! 罰金と同額の寄付を持ってきてください。マンシーACSは(保護された)猫と子猫であふれています。(彼らを)助けてあげたい!〉

 同じようなアピールはフェイスブックでも行われ、大反響を呼んだ。

 すぐに数十人が違反切符とキャットフードや猫用トイレを手に同市警を訪れた。さらに、違反者より多くの人が「駐車違反していないけど、寄付をしたい」とやって来たというからビックリだ。

 結果的に、マンシーACSで保護されている350匹以上の猫を養うのに十分なキャットフードなどが集まった。同市警の“作戦”は予想を上回って大成功!

 最終日、同市警は寄付で埋まった部屋の写真と共に、感謝のメッセージをツイートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る