「駐禁の罰金をキャットフードで」…米警察の作戦が大成功

公開日: 更新日:

 “猫の魅力”は、やはりハンパじゃない。

 米CNN(7月29日付電子版)などによると、インディアナ州マンシーの動物保護施設(ACS)に保護された猫が増えすぎた。餌代や猫用トイレが足りず、四苦八苦していると知ったマンシー市警が、名案を思い付いた。

 7月16日、猫の短い動画と共に、こんなツイートを投稿したのだ。

〈駐車違反の罰金をキャットフードで払おう!〉〈19日金曜日の午後4時まで、駐車違反の罰金を、キャットフードや猫用トイレで払うことを認めます! 罰金と同額の寄付を持ってきてください。マンシーACSは(保護された)猫と子猫であふれています。(彼らを)助けてあげたい!〉

 同じようなアピールはフェイスブックでも行われ、大反響を呼んだ。

 すぐに数十人が違反切符とキャットフードや猫用トイレを手に同市警を訪れた。さらに、違反者より多くの人が「駐車違反していないけど、寄付をしたい」とやって来たというからビックリだ。

 結果的に、マンシーACSで保護されている350匹以上の猫を養うのに十分なキャットフードなどが集まった。同市警の“作戦”は予想を上回って大成功!

 最終日、同市警は寄付で埋まった部屋の写真と共に、感謝のメッセージをツイートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る