客が次々…深夜ワンオペ飲食店で起きた心温まるハプニング

公開日: 更新日:

 世の中、まだまだ捨てたもんじゃない! 米国のレストランで起きた“ハプニング”が人々の共感を呼んでいる。

 米地方紙AL(11月7日付電子版)などによると、米アラバマ州バーミンガムにある大手レトランチェーン「ワッフルハウス」で10月2日深夜、連絡ミスから男性従業員が1人しか出勤してこないという緊急事態が起きた。

 店内で食事を待つ客は30人以上。たった1人の従業員は注文取りから、調理、会計までを必死にこなそうとしていたが、しょせん“ミッション・インポッシブル”。

 そのうち、ブルーのシャツを着たある男性客(写真手前)が見るに見かねて、従業員のところに行き、「エプロンを貸してくれ」。そしてすぐにカウンターに入り、電話の応対、注文取り、皿洗いなどを始めた。

 これをきっかけに、ハイヒールを履いた若い女性をはじめとする複数の客が相次いで店の手伝いに参加したという。おかげで従業員は調理に集中できるようになり、店はスムーズに回転し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る