米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】「尊厳死」を希望する親にどう接したらいいか?

公開日: 更新日:

 大変重い話題ですが、親が「尊厳死(安楽死)」を望んだ場合について答えたいと思います。

 まず言うまでもないことですが、元気な親が普通に「子供たちに迷惑をかけたくないから、さっさと死にたいよ」と言っている場合は99%、単なる冗談で、本気ではありません。

 変に相づちを打つと、気分を害して後々まで尾を引く可能性がありますから、「いやいや、あと100年生きてもらわなくっちゃ」と鉄板の冗談で返すことをお勧めします。

 これに対し「最近元気がないな」とか、「閉じこもっているな」と思っているタイミングでこのセリフが出てきた場合は要注意です。元気のなくなった老親が「死にたい」と言いだしたら老人性うつ病の可能性があるからです。働き盛りの40代、50代の病気と思われがちなうつ病ですが、40代の有病率2・6%に対して、60代、70代の有病率は2・1%と大差ありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る