牧原俊幸さん<2>夜勤で同期と顔を合わせる時間もなかった

公開日: 更新日:

 1983年4月、牧原さんは、フジテレビアナウンサーとしてのサラリーマン生活をスタートさせる。

「フジに入って最初に驚いたのは、入社式に家族を呼んでくれたこと。しかも、往復の交通費も出してくれるんです。当時、うちは父親が亡くなっていて、入社試験に合格したとき、母親はもの凄く喜んでくれたんです。オマケに今度は北海道から東京まで来させてもらえるんだから、大喜び。さらに親たちは、テレビ局の中を見学させてもらえたはず。本当にいい制度だなぁと思いましたね」

 約1カ月の研修を経て、最初の担当が決まった。報道局での“夜勤”の仕事だった。夕方近くに出社して夜中の1時すぎまでの勤務。当初は同局の看板番組のひとつ、「プロ野球ニュース」に声だけの出演だったという。

「番組が始まるとき、その日の放送メニューのフラッシュが30秒間ほど流れる。それに合わせて、“今日の試合は巨人対ヤクルト……”みたいに紹介をする。それが最初の仕事でした。番組の最後にも、“その他のスポーツの結果は……”と、声だけ出演していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る