埋没林と日本随一の飲み屋街…富山県魚津市でぶらり一人旅

公開日: 更新日:

 魚津と聞いてさっと場所が思い浮かぶ人は相当な富山ツウだ。県の北東部に位置し、富山駅からは列車で20分あまり。名物は蜃気楼と埋没林(?)という地味な町なのだが、戦国武将ファンには有名な合戦があった場所で、日本随一の飲み屋街もある。中高年サラリーマンの一人旅におすすめのスポットなのだ。

  ◇  ◇  ◇

 まずは魚津の歴史をひもとくべく、駅前からバスで20分ほどの「魚津歴史民俗博物館」(①℡0765・31・7045)へ。「歴史民俗資料館」「吉田記念郷土館」「旧沢崎家住宅」の3つからなり、天神山の中腹にある。

 メインは「吉田記念郷土館」。市内の遺跡から出土した考古資料や歴史資料を通し、旧石器から現代に至るまでの魚津の歴史を垣間見られる。施設がある天神山も、上杉の悲劇と呼ばれた「魚津城の戦い」の舞台のひとつ。織田軍に攻め込まれた魚津城を救援するため上杉景勝が陣を敷いた城があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る