米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】老親が海外で亡くなった…手続きはどうするべきか?

公開日: 更新日:

 親が海外で亡くなる人は、そう多くないと思われるでしょう。しかし、大半は傷病によるものですが、現在年間500人ほどが海外で亡くなっています。今後は親世代でも、海外旅行はもちろん、ついのすみかとしての海外移住もそう珍しくなくなると思われますので、親が海外で亡くなった時、何が起こり、どうすべきかお話しします。「外国人の親の海外での死亡」も考えられますが、本稿の範囲を超えるので「日本人の親の海外での死亡」に限ります。

 ほとんどすべての国で、死亡者が外国人(日本人)であることが判明すると、現地の日本大使館・領事館に連絡が行き、そこから外務省に伝えられ、外務省から日本の家族(遺族)に連絡が行きます。

 現地で発行された死亡診断書・死体検案書の受け取りや遺体の引き取りなどさまざまな手続きがありますので、遺族はまず現地に渡航する必要があります。渡航しなくても日本の法律で罰せられることはなく、遺体は現地の法律に基づいて多くの場合「無縁仏」的処理がなされますが、在外公館が死亡届を出してくれるわけではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る