米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】老親が海外で亡くなった…手続きはどうするべきか?

公開日: 更新日:

 親が海外で亡くなる人は、そう多くないと思われるでしょう。しかし、大半は傷病によるものですが、現在年間500人ほどが海外で亡くなっています。今後は親世代でも、海外旅行はもちろん、ついのすみかとしての海外移住もそう珍しくなくなると思われますので、親が海外で亡くなった時、何が起こり、どうすべきかお話しします。「外国人の親の海外での死亡」も考えられますが、本稿の範囲を超えるので「日本人の親の海外での死亡」に限ります。

 ほとんどすべての国で、死亡者が外国人(日本人)であることが判明すると、現地の日本大使館・領事館に連絡が行き、そこから外務省に伝えられ、外務省から日本の家族(遺族)に連絡が行きます。

 現地で発行された死亡診断書・死体検案書の受け取りや遺体の引き取りなどさまざまな手続きがありますので、遺族はまず現地に渡航する必要があります。渡航しなくても日本の法律で罰せられることはなく、遺体は現地の法律に基づいて多くの場合「無縁仏」的処理がなされますが、在外公館が死亡届を出してくれるわけではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る