マグロ初競り最高値 大間漁師の苦節40年と1.9億円の使い道

公開日: 更新日:

「長年の夢がかなった。初競りで最高値を付けてもらうのは、漁師にとっては夢だ」

 史上2番目、1億9320万円のクロマグロを釣り上げた青森県大間町の漁師、山本昌彦さん(57)は感慨深げに日刊ゲンダイにこう語った。

 5日早朝、東京・豊洲市場(江東区)で開かれた今年最初の取引「初競り」で、大間産276キロの天然クロマグロが1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札された。昨年の3億3360万円には及ばなかったものの、史上2番目の「ご祝儀価格」となった。

 初競りは午前5時10分、鐘の音とともにスタート。昨年より13匹多い72匹の国産天然クロマグロが並んだ。競り落としたのは寿司チェーン「すしざんまい」を運営する喜代村で、築地の本店に運ばれ、客に提供された。

 漁師歴40年以上の山本さんにとって、起死回生の一本だった。中学卒業後、漁師の世界に飛び込み、マグロはえ縄漁船の船長になり、何度も初競りに出荷してきたが、最高値を付けることはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る