マグロ初競り最高値 大間漁師の苦節40年と1.9億円の使い道

公開日: 更新日:

「長年の夢がかなった。初競りで最高値を付けてもらうのは、漁師にとっては夢だ」

 史上2番目、1億9320万円のクロマグロを釣り上げた青森県大間町の漁師、山本昌彦さん(57)は感慨深げに日刊ゲンダイにこう語った。

 5日早朝、東京・豊洲市場(江東区)で開かれた今年最初の取引「初競り」で、大間産276キロの天然クロマグロが1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札された。昨年の3億3360万円には及ばなかったものの、史上2番目の「ご祝儀価格」となった。

 初競りは午前5時10分、鐘の音とともにスタート。昨年より13匹多い72匹の国産天然クロマグロが並んだ。競り落としたのは寿司チェーン「すしざんまい」を運営する喜代村で、築地の本店に運ばれ、客に提供された。

 漁師歴40年以上の山本さんにとって、起死回生の一本だった。中学卒業後、漁師の世界に飛び込み、マグロはえ縄漁船の船長になり、何度も初競りに出荷してきたが、最高値を付けることはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る