昆虫食広がる?大学生が仕掛けた「コオロギ菓子」誕生秘話

公開日: 更新日:

 タイから輸入した養殖の食用コオロギパウダー10匹分を使用した「コオロギのお菓子」が、注目を集めている。この年末年始、JR高崎駅構内(群馬)の土産ショップ「群馬いろは」で、約500箱の「コオロギのゴーフレット」(3枚入り650円、8枚入り1520円)が飛ぶように売れた。仕掛け人は、大学で昆虫食の研究をしている高崎経済大4年の桜井蓮さん(22)。

「卒論テーマの『昆虫食の心理分析』を実際に学ぶため、昨夏、タイを訪れたのが、開発のきっかけです。タイは昆虫食が伝統的に残り、かつ先進的に研究している地域なのです」(桜井蓮さん)

 経済的に豊かな地域であれば、肉や海産物からタンパク質や栄養素を摂取できるが、貧しい内陸部ではどうしても不足がち。かつては日本でも、海なし県の群馬や長野などでは、「イナゴ」や「蜂の子」が貴重なタンパク源だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  10. 10

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る