昆虫食広がる?大学生が仕掛けた「コオロギ菓子」誕生秘話

公開日: 更新日:

 タイから輸入した養殖の食用コオロギパウダー10匹分を使用した「コオロギのお菓子」が、注目を集めている。この年末年始、JR高崎駅構内(群馬)の土産ショップ「群馬いろは」で、約500箱の「コオロギのゴーフレット」(3枚入り650円、8枚入り1520円)が飛ぶように売れた。仕掛け人は、大学で昆虫食の研究をしている高崎経済大4年の桜井蓮さん(22)。

「卒論テーマの『昆虫食の心理分析』を実際に学ぶため、昨夏、タイを訪れたのが、開発のきっかけです。タイは昆虫食が伝統的に残り、かつ先進的に研究している地域なのです」(桜井蓮さん)

 経済的に豊かな地域であれば、肉や海産物からタンパク質や栄養素を摂取できるが、貧しい内陸部ではどうしても不足がち。かつては日本でも、海なし県の群馬や長野などでは、「イナゴ」や「蜂の子」が貴重なタンパク源だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る