航空券往復便の伸び率1位 夏休み旅行で「秋田人気」のナゼ

公開日: 更新日:

 イギリスに本社がある航空券比較サイト「スカイスキャナー」の予約状況によると、この夏休み(7月15~8月31日)の航空券往復便の伸び率1位は、「んだ。んだ。秋田。」の秋田県だ。前年比246%で、2位の青森県(204%)、3位の宮城県(152%)と東北勢が上位を独占した。

 今年のお盆休暇は最長9連休ということもあり、国内旅行も少し足を延ばして楽しむ傾向が出ている。宮城県はLCCエアアジア・ジャパンが今月8日に仙台―名古屋線を就航させ、その記念チケットを片道1620円で売り出したことも大きい。

 では、なぜ秋田の観光客が大きく伸びたのか。毎年8月3日から4日間開催される竿灯まつり(昨年の人出は130万人)が、今年は土曜日に初日が重なったことの影響もあるだろう。

「8月13日からバドミントン選手権が秋田市で開催されるため、選手・関係者が足を運びます」(秋田県観光振興課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る