「麺や庄の」など運営 「麺庄」社長・庄野智治さんの巻<2>

公開日: 更新日:

餃子荘 ムロ(東京・高田馬場)

 東京・高田馬場のランドマーク・ビッグボックスの脇の道を大久保方面に向かってしばらく歩いて右手の路地を入ると、赤い扉が目印。歴史を感じさせる店構えの通り、創業は1954年だそうです。

 1階はカウンターで、2階はテーブル席。この2フロアをご両親と息子さん、もうひとりはアルバイトさんでしょうか。4人で切り盛りされています。

 年明けにお邪魔したときは、すんなりとカウンターへ。けっこう混んでいることが多いだけに、ラッキーです。

「お食事のご注文は、この紙に書いて追加がないようにしてください。お飲み物は最初のみこちらに記入し、2回目から追加で大丈夫です」

 席につくと、息子さんにそう言われます。料理は、最初のオーダーがラストオーダーなのです。注文を受けると、お父さんが餃子を一つ一つ包んで焼いて、お母さんが一品メニューを作っていきます。息子さんが注文を取り、アルバイトの方が配膳を。ご家族を中心とした分業がすばらしく、人情を感じるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る