「マキャベリ」など展開 ジローレストランシステム佐藤治彦社長の巻<2>

公開日: 更新日:

味珍(横浜市西区)

■香辛料を使わず2日間煮込んだ豚の6部位がウマい

 京浜東北線の沿線は、昔ながらの横町が点在しています。大井町東口に広がる東小路、蒲田から池上線に沿って伸びるバーボンロード、昼飲みの聖地といわれる桜木町から日ノ出町の一角にある野毛。その点、横浜駅西口の狸小路は、ほかのエリアと比べると、こぢんまりとしたエリアに飲食店が密集しています。

 そのひとつがここ、「豚の味珍」です。珍味を逆さに書いて、「まいちん」と読みます。豚は豚でも、豚の珍味を提供しているんですね。頭、舌、足、耳、胃、尾の6部位(各720円)をことことことこと煮込むこと2日間。香辛料を使わないので、しっとりと優しい味わい。この店ならではの味つけが体になじんで、時々、無性に食べたくなります。

 実は路地を挟むように同じ屋号の店が2軒向かい合っているんです。一見サンは「あれ?」と思うかもしれませんが、前回紹介した「みなと」さんの並びにあるのが支店で、反対側にあるのが本店。私がお邪魔するのは本店の2階です。昔ながらの急な勾配の階段を上がると、コの字形のカウンターとテーブル。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る