小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<39>部下の日常の苦労は面談ではなく雑談で把握する

公開日: 更新日:

 生放送の報道番組というと、「長時間勤務もいとわない、マッチョな男性の職場」といったイメージを抱かれるかもしれません。ひと昔前は確かにその通りでした。でも、いま私が担当する「news every.」の解説コーナー「ナゼナニっ?」の制作チームは、時短勤務を選択しているワーキングマザーが主力メンバーとして大活躍しています。彼女たちは、限られた時間内で最高の結果を出そうと懸命に働いています。そんな姿を目の当たりにしてから、心掛けるようになったことがあります。それは「自分とは違う事情を抱える人の日常を具体的に理解する」ことです。

 出勤前に子どもを病院に送るって、実際にはどんな苦労があるのだろう? 子どもがインフルエンザにかかって保育園に預けられない日は、どうやって乗り切るのだろう? 私は管理職でもあり、彼女たちが無理のない働き方で最大限に力を発揮して、チームに貢献できる環境を整えたいと思うようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  7. 7

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

  8. 8

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る