小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<39>部下の日常の苦労は面談ではなく雑談で把握する

公開日: 更新日:

 生放送の報道番組というと、「長時間勤務もいとわない、マッチョな男性の職場」といったイメージを抱かれるかもしれません。ひと昔前は確かにその通りでした。でも、いま私が担当する「news every.」の解説コーナー「ナゼナニっ?」の制作チームは、時短勤務を選択しているワーキングマザーが主力メンバーとして大活躍しています。彼女たちは、限られた時間内で最高の結果を出そうと懸命に働いています。そんな姿を目の当たりにしてから、心掛けるようになったことがあります。それは「自分とは違う事情を抱える人の日常を具体的に理解する」ことです。

 出勤前に子どもを病院に送るって、実際にはどんな苦労があるのだろう? 子どもがインフルエンザにかかって保育園に預けられない日は、どうやって乗り切るのだろう? 私は管理職でもあり、彼女たちが無理のない働き方で最大限に力を発揮して、チームに貢献できる環境を整えたいと思うようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る