小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<38>プラスは逆効果…心配な相手にはマイナスの声掛けを

公開日: 更新日:

 新しい年が始まりました。休みの間は静寂に包まれていた職場にも活気が戻っていることでしょうね。

 そんな中、イマイチ覇気がなくて心配になるような部下がいたりしませんか。人事異動後の慣れない部署で不安そうな後輩、家族の介護が始まったらしい同僚、顔色が冴えなくなっている新入社員……。そんな相手と会った時、あなたはどんな声掛けをしていますか。

「おはよう! 慣れた?」

「最近、順調?」

「元気でやってる?」

 こんなふうに言葉を掛けていませんか。「えっ? この声掛けの、どこか問題なの?」と聞かれそうですよね。本当に相手のことが気がかりで、自分に心を開いて欲しいと思うのでしたら、こうした“プラス(=前向き)”の問い掛けは逆効果。むしろ心を閉ざしてしまう恐れがあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る