ハンディ扇風機に匹敵?持ち運び可能な小型加湿器が大人気

公開日: 更新日:

 昨年秋ごろから小型加湿器が女性を中心に人気を集めている。オフィスや宿泊先をはじめ、どこにでも持ち運べる手軽さから、雑貨店や100円ショップが相次ぎ品ぞろえを拡充。売り上げは上々で、乾燥による肌荒れや風邪の予防に活躍しそうだ。

 銀座ロフト(東京都中央区)では、コップにさして使うスティック状の製品や、フィルターに水を含ませ自然に気化させるタイプなど、約150種類を扱う。外出先での乾燥対策に20~40代の女性の購入が目立つといい、「体調管理に気を配る人が増えた」(広報)とみている。同店では昨年11月の売り上げが前年同月の2倍に膨らんだ。

 家電メーカーの阪和(大阪市)は、携帯できる充電式加湿器を昨年8月下旬に発売。夏にハンディータイプの扇風機が爆発的に売れたため、冬場の加湿器需要も掘り起こそうと開発。3カ月で10万台以上を出荷し、伸びは予想以上という。

 美容や体調管理に役立つ加湿器だが、使用後にほっておくと雑菌が繁殖しやすい。容器の洗浄やフィルターの交換など定期的な手入れが必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る