専門家は何を選ぶ?今年は“ほったらかし家電”でラクをする

公開日: 更新日:

 新年早々、家電で“楽をする”話である。妻たちは大喜び。いや1人暮らしの単身者や、家事が面倒になってきたシニア世代だって興味津々のはず。近頃、注目の“ほったらかし家電”のことだ。たとえば、カレーを作るとしよう。肉や野菜を切って調味料と一緒に鍋に入れ、ボタンをポン。文字通り、“ほったらかし”にしておくと、ハイ出来上がり~。大半は調理家電だが、食器洗いや背広のしわのばしも機械任せでOK。どんな便利家電があるのか――。

  ◇  ◇  ◇

 “ほったらかし家電”が登場したのは3年ほど前。シャープの無水調理鍋・ホットクックが火付け役だった。最近は電気圧力鍋ジャンルでパナソニック、アイリスオーヤマ、ティファールなど複数メーカーが追随。当初、6万円程度だった価格帯もお手頃になってきた。

 大半が圧力調理、炒める、煮込む、蒸すに加えて炊飯の機能を持つ。

 家電量販店には専門のコーナーも登場している。その中から、“楽(らく)をする”視点を重視して、家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリー氏にオススメの6台を挙げてもらった。

 ※表示価格はビックカメラ.com調べ(1月6日現在)

クックフォーミーExpress(ティファール)

「電気圧力鍋の最新モデルがこれ。圧力調理ができる上、調理時間がグンと短くなった点がいい。操作パネルは使いやすいし、“この順番に材料を調味料を”と手順まで教えてくれるのでラクちんです。お米10合まで炊ける大容量なので、食べ盛りの子供がいる家庭向けです。フランスのメーカーですが、日本人向けのレシピを210メニューも開発し内蔵。本当に充実しています」

 価格は3万4470円(税込み)

自動圧力IHなべ/煮込み自慢(象印マホービン)

「炊飯器っぽい形ですが、実力はピカイチ。炊飯で培った技術を利用して、レシピによって自動で圧力を変える自動調理、最大12時間前から可能な予約調理、無水調理など自慢の機能が。下ごしらえもしてくれるし、ジャムや煮豆、茶碗蒸しなども簡単にできます。料理好きにオススメしたいですね」

 150メニューの「レシピブック付き」。毎日のメニューに頭を悩ませている人向け。奥さんにプレゼントしてはいかが。

 価格は3万2130円(税込み)

■食洗器 アイリスオーヤマ=ISHTー5000

「これは水回り系の工事がいらない食洗機です。上から5リットルの水を入れるだけで2、3人分の食器が洗えます。届いた日から使うことができ、食べた後もほったらかしで食器がピカピカになる一台。価格は4万円前後です」

 1人暮らし、忙しくて家事の時短を考えたい共働き夫婦の強い味方になりそう。

ホットクック KNーHW10E(シャープ)

「シリーズに、11月に1、2人用サイズが追加され、置き場所も取りません。単身の40代、50代男性や、シニアの夫婦にうってつけでしょう。シリーズはもともと、無水調理が特徴。水がいらず、野菜の水分だけで調理するため、ヘルシーで栄養が余すところなく取れるから、健康を気にする世代に人気上昇中。蓋の裏にかき混ぜ棒が付いているため、焦げ付きにくく、味が染み込みやすい。カレーなどとろみがあるものができる点もいい。予約調理もできます。便利だ、おいしい、ほったらかしなどと女性の支持が厚いのも安心できますね」

 無線LANでシャープの「COCORO KITCHEN」に接続すると、新メニューが追加できたり、AIが好みを学習してメニューの提案をしてくれたりする。

 時々、「しゃべる」(アドバイス)ので、召し使いがいる気分にもなれる。

 価格は4万1400円(税込み)

衣類クリーニング LGアイロン・スチーマー

「形は小型の洋服ダンスのよう。帰宅したら、ココに背広やズボンを掛けておくだけ。それが自動的に揺れる仕組みで、ホコリが取れ、スチームが出てきて除菌、汗やたばこの臭いを取り除く、背広やスラックスの横ジワを取ってくれます。わずか、1時間くらいで、まるでクリーニングに出したような仕上がり。春の花粉対策にもいい」

 毎日洗濯ができない学生服も使える。価格はネットでチェックしたところ機種にもよるが、15万円前後で購入できる。

唐揚げ好き垂涎の“安すぎる”最新家電も登場

 ビールのつまみにも、ご飯のおかずにも、唐揚げは不動の人気を誇る。ただ、自宅で調理するとなると、油で揚げる手間が敬遠されてなかなか手が出なかったのも事実。

 だが、12月中旬発売の「エアーオーブン」(レコルト)は、唐揚げファンが泣いて喜ぶ一台。油を一切使わずに、たった15分で熱々、揚げたての唐揚げを完成させてしまうスグレモノだ。

「鶏の唐揚げは、下味をつけた鶏肉に片栗粉をまぶし、予熱したエアーオーブンのバスケットに並べて15分ほど加熱。これだけでカリッカリの揚げたて唐揚げが出来上がり。驚きますよ~。余分な脂は落ちる仕組みで、手入れも簡単。何より9000円という(メーカー希望小売)価格は、安すぎます。だって、冷凍のフレンチフライを使えば、“ほったらかし”で熱々のフライドポテトもお手のもの。単身の男性でもビールのつまみの大半はコレ一台で作れますよ」

 付属のレシピブックには、油淋鶏、揚げ出し豆腐、春巻きやローストビーフなど、酒のツマミがずらり。子供がいる家庭でも大活躍必至だ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る