小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<40>潤滑油の役割を担う人は「ワンチーム」に欠かせない

公開日: 更新日:

 ラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」は、ラクロス日本代表だった私にとって特別心に響くものがあります。関西学院大学ラクロス部の初代主将として、どうすれば「ワンチーム」になれるのか、心を砕いた経験があるからです。

 約30年前の大学時代、日本に上陸したばかりのラクロスを関西に普及させるために走り回りました。仲間を集め、道具を海外から取り寄せ、英語の専門書を翻訳して練習方法を習得し、ゼロからチームをつくっていったのです。その努力が報われてラクロス部は創部1年で100人を超える大所帯になりました。でも、そこから新たな問題に直面するのです。

 初期から参加しているコアメンバーは化粧っ気がなく、日焼け止めさえほとんど塗らずに練習に明け暮れました。みんなグラウンドを離れてもラクロスのために奔走する“根性系”です。一方で遅れて参加したメンバーの中には、ロッカールームでバッチリメークに時間をかける子、ハイヒールに高級ブランドのバッグをぶら下げてくる子、たばこを吸う子など、さまざまなタイプがいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る