小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<32>「一言まとめ」の習慣で伝え上手&聞き上手になる

公開日: 更新日:

 テレビ番組でニュースを解説する仕事をしていると、「相手に分かりやすく伝えるためには“まとめ力”が本当に重要だなぁ~」と感じます。まとめ力とは、伝えたい内容を「一言」でまとめたり、聞いた話を「1行で要約」したりするスキルのこと。簡単そうに思われるかもしれませんが、物事の本質を捉えて表現する力を求められるので、これがなかなか難しいのです。

 話にメリハリをつけながら効率良くメッセージを伝えるには、「まとめ力」がものをいいます。たとえば上司への報告、取引先での商談やプレゼンの場などでは、「ここを一番聞いてほしい!」というポイントがありますよね。そんな時は、ついつい新商品の特徴や工夫した点など、あれもこれもと詰め込んでしまいがちです。

 でも、だらだらと説明する前に、「一言で言いますと……」と切りだすと、いかがでしょうか。この言葉を冒頭に加えるだけで、相手は自然と「今から大事なポイントを言うんだな」「だったら、ちゃんと聞いておいたほうがいいな」と注目してくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

もっと見る