小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<23>無意識で出てしまう「えーっと」の口グセは録音で直す

公開日: 更新日:

「えーっと」「あのー」「うー」――話しながらつい言ってしまう口グセ、実はほとんどの方が無意識のうちに身につけてしまっています。時間にして数秒かもしれませんが、何度も耳にすると気になってきますよね。自分のクセには無自覚でも、他人のクセには敏感になるもの。会議やプレゼンで、上司や同僚の「えーっと」の連発が気になりだして、肝心の中身がなかなか耳に入ってこない……。そんな状況、どちらにとっても生産的ではないですよね。

 ところで、この「えーっと」のクセ。どうせ抜けないものだと諦めていませんか? そんなことはないですよ。心掛けと練習次第で必ず直ります。

 そのためにも、まずは、これらの口グセが出てしまう理由から探ってみましょう。

 真っ先に考えられるのは、「間が空くのが怖いから」だと思います。一瞬の沈黙を埋めたくて、意味のない言葉を発してしまうのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る