車にチーズ張り付け! 相次ぐ迷惑行為の“証拠”はあるが…

公開日: 更新日:

 米テキサス州で、車の窓に何枚もスライスチーズを張り付ける迷惑行為が相次いでいるそうだ。米FOXニュース(1月16日付電子版)などによると、同州のキャロルトン市警が1月7日、1枚の写真と共に、以下のような書き込みをツイッターに投稿した。

「新しく学ぶことは日々あるものです! 私たちは今日、2つのことを学びました」

「①車にスライスチーズを何枚も張り付けることが、犯罪的迷惑行為の最新トレンドだということ」

「②スライスチーズには指紋が『クッキリ』と残るということ」

 確かに、写真のスライスチーズにはクッキリと指紋が残っている。容疑者に前科があれば、一発で逮捕できそうだが、残念ながらマッチしなかったという。

 目撃者なし。監視カメラにも写っていない。同市警は情報提供を求めてツイッターに写真と記事を投稿したわけだが、日本時間で1月21日現在、まだ容疑者は逮捕されていない。

 ツイートにはこんな反応も寄せられていた。

「そして③この悪質ないたずらを続ける犯人は次から手袋を使う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る