無責任という大罪を犯した者には「地獄行き」の印を押す

公開日: 更新日:

 人間という生きものには、未来を楽観したいという習性があるようじゃな。迫り来る危機についても、それを感じていながら、腹のどこかで、何とかなるだろうと高をくくっている。この根拠なき自信に居直る人が、恐らく多数派じゃろう。別の見方をすれば、現実と対面するのが怖いので、対策を先延ばしにしてしまう。結果、悲惨な大波にのまれることになる。

 ナチス・ドイツがパリに侵攻する前夜、フランスの上流階級は、ダンスパーティーで踊りまくっていたそうじゃ。周辺諸国はすでに占領されていたが、フランスだけは大丈夫だと楽観しておったんだな。

 日本社会も同じじゃ。高齢社会の到来は、数十年も前から算数のように分かっていた。それが、今になって医療がどうの、個人預金がどうのと慌てふためいておる。

 日本の原発は、危険な地震帯に立っている。大地震がきたらアウトだと分かっておった。東日本大震災の1週間前には、福島に大津波がくる予測が出ていた。それでも、国も東電も何の手も打たなかった。結果、福島と周辺の県は完全に汚染が消えるまで、数万年を待つことになっちまった。もっとも、それまで日本国が存続できるかどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る