新型コロナ感染の入院費は?気になる「保険とお金」の問題

公開日: 更新日:

 横浜港に停泊するクルーズ船でいまだ眠れない夜を過ごす乗員乗客約3700人。新型肺炎(コロナウイルス)の感染者はすでに指定医療機関に入院しているが、非感染者も検疫法に基づき経過観察期間である14日間の船内隔離が行われている。この間の保険の支払いはどうなるのか?

■強制入院でも費用を取られる

 感染の蔓延を防ぐため「指定感染症」に指定された新型肺炎。感染者は強制力をもって検査、隔離されることになるが、公費負担の新感染症と違い、新型肺炎に関しては病院代がタダになるというわけではない。

 指定感染症は都道府県から助成金が出るものの、東京都の場合は世帯所得に応じて最大2万円が自己負担になる。保健所に「申請書」「入院勧告等通知の写し」「世帯員の所得証明書」を持参して手続きをしなくてはいけない。入院期間は休業補償もなく、ただでさえ物入り。生命保険の入院給付金は下りるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る