日本が世界2位の感染大国に…2カ国から「入国拒否」の衝撃

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、ミクロネシア連邦とツバルの2カ国が日本からの入国を制限する措置を取った。今や、日本は中国に次いで2番目に感染者が多い。世界は警戒の目で見ているということだ。このままでは海外渡航もままならなくなる。

 ◇  ◇  ◇

 菅義偉官房長官は6日の会見で、ミクロネシア連邦などの入国制限を公表。

「感染症に対して脆弱な太平洋島しょ国の立場を尊重しつつ、日本の万全の取り組み状況を引き続き丁寧に説明したい」と語ったが、内心穏やかじゃないだろう。太平洋に浮かぶ小さな島国が下した「入国拒否」は、日本にとって大きな痛手になる。

 山野美容芸術短大客員教授の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「感染者が出る前に感染国からの入国を遮断しようという判断は、自国民を守るために当然だと思います。この先、この2カ国にならい、日本に対して、入国制限を課す国が続いてもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  10. 10

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

もっと見る