クルーズ船肺炎患者が改善 ぜんそく薬は特効薬になるのか

公開日: 更新日:

 打つ手なしと言われてきた新型コロナウイルス感染症の治療に光が見えてきた。

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」でウイルスに感染し、肺炎を起こしていた3人の患者にぜんそくの吸入薬を使ったところ、症状が劇的に改善したという。3日、神奈川県立足柄上病院などの治療チームの報告書が日本感染症学会のホームページにアップされた。 

 報告書によると、73歳の女性は意識がなくほぼ寝たきり状態で入院。4日目から抗HIV薬が使われたが、症状は改善せず、副作用とみられる下痢や食欲不振などが出たため、9日目に投薬を中止。10日目からぜんそくに使う吸入ステロイド薬「シクレソニド」(商品名オルベスコ)に切り替えたところ、12日目には病室内を歩けるまでに回復。ウイルス検査では陰性が確認され、18日目に退院したという。

 78歳の男性と67歳の女性もシクレソニドを入院5日目から投与されて以降、酸素吸入が不要となり、食事もすべて食べられるほどに回復。男性は病室内でスクワットをするまで元気になったという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた