クルーズ船肺炎患者が改善 ぜんそく薬は特効薬になるのか

公開日: 更新日:

 打つ手なしと言われてきた新型コロナウイルス感染症の治療に光が見えてきた。

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」でウイルスに感染し、肺炎を起こしていた3人の患者にぜんそくの吸入薬を使ったところ、症状が劇的に改善したという。3日、神奈川県立足柄上病院などの治療チームの報告書が日本感染症学会のホームページにアップされた。 

 報告書によると、73歳の女性は意識がなくほぼ寝たきり状態で入院。4日目から抗HIV薬が使われたが、症状は改善せず、副作用とみられる下痢や食欲不振などが出たため、9日目に投薬を中止。10日目からぜんそくに使う吸入ステロイド薬「シクレソニド」(商品名オルベスコ)に切り替えたところ、12日目には病室内を歩けるまでに回復。ウイルス検査では陰性が確認され、18日目に退院したという。

 78歳の男性と67歳の女性もシクレソニドを入院5日目から投与されて以降、酸素吸入が不要となり、食事もすべて食べられるほどに回復。男性は病室内でスクワットをするまで元気になったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る