小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<46>我慢せずに泣ける場所をつくっておく

公開日: 更新日:

 仕事をしながら親の介護をしたり、家族との死別に向き合ったり、乗り越えていったりすることは、誰にとっても難しいものです。しかも多くの場合、肉親が病に倒れたり亡くなったりするタイミングは、キャリアの踏ん張り時と重なるのではないかと思います。

 私の場合もそうでした。私の母は悪性リンパ腫にかかり、73歳で亡くなりました。原因不明のだるさが続き、病院を転々として病名が分かった時は、既にステージ4まで進行していました。

 当時私は、平日夜10時からの新番組「深層NEWS」に出演し始めたばかり。読売新聞とBS日テレ、日本テレビの3社による新番組です。帯番組でメインキャスターを務めるのは初めてでしたし、大勢のマスコミを前にした制作発表会見やCM出演も、初めて経験しました。とても大きなプロジェクトの渦中にあり、朝は取材、日中は立て続けに会議が入り、夜は生放送本番という日々。一心不乱に仕事に取り組み、多忙を極めていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る