小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<46>我慢せずに泣ける場所をつくっておく

公開日: 更新日:

 仕事をしながら親の介護をしたり、家族との死別に向き合ったり、乗り越えていったりすることは、誰にとっても難しいものです。しかも多くの場合、肉親が病に倒れたり亡くなったりするタイミングは、キャリアの踏ん張り時と重なるのではないかと思います。

 私の場合もそうでした。私の母は悪性リンパ腫にかかり、73歳で亡くなりました。原因不明のだるさが続き、病院を転々として病名が分かった時は、既にステージ4まで進行していました。

 当時私は、平日夜10時からの新番組「深層NEWS」に出演し始めたばかり。読売新聞とBS日テレ、日本テレビの3社による新番組です。帯番組でメインキャスターを務めるのは初めてでしたし、大勢のマスコミを前にした制作発表会見やCM出演も、初めて経験しました。とても大きなプロジェクトの渦中にあり、朝は取材、日中は立て続けに会議が入り、夜は生放送本番という日々。一心不乱に仕事に取り組み、多忙を極めていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る