小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<45>好機を逃さないために2~3週間先のスケジュールは把握

公開日: 更新日:

「チャンスの神様は前髪しかない」といいます。来たチャンスを掴めるのは一瞬で、どうしようかと迷っているうちに時が過ぎ去ってしまって掴めなくなる、という意味ですよね。由来となったギリシャの神様を見た時に、前髪だけが生えていて後頭部の毛がなかったので、「これでは掴めないな~」と納得しました。この言葉、「チャンスだと思った際、瞬時に反応できるよう普段から準備をしておきなさい」という教訓なのだと受け止めることもできますよね。

 でも、これを日頃の行動に落とし込むには一体、何をしたらいいのか……。なかなか思いつきませんよね? 私は婚活をしていた時に、「スケジュールを頭に入れておく」と心がけることでチャンスを掴みました。

 42歳の時に、当時31歳の夫と知り合い、結婚しました。11歳も年下です。恋愛対象にならないと思っていたのですが、知人の紹介で初めて会った時に、「今度、ゴルフに行きませんか?」という話になり、すかさず、「行きましょう!」となりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る