「白根館」山梨県南巨摩郡 ダム底から湧き出る極上のお湯

公開日: 更新日:

 東京から車で3時間もかからないのに、着いた途端、「遠い!」と口から出てしまった。中央道を甲府南ICで降り、富士川に沿って一般道を40分ほど南下。身延町飯富交差点でV字に右折し、今度は富士川の支流・早川に沿って山間の道を50分ほど北上する。

 時間もさることながら、代わり映えしない景色に心が折れた。紅葉の季節ならまだ目も楽しいだろうが、冬は川にゴロゴロ転がる巨岩だけが目につき、殺伐とした気分になる。とてもドライブ気分にはなれない道のりだが、こちとら一人で温泉巡礼の旅の途中。苦行の末にこそ極楽はある……。果たしてその通り、極上の湯はあった。

 早川渓谷最奥の集落にある奈良田温泉。昭和32年に早川にダムができた際、ダム底に沈んだ集落に湧いていた温泉を再掘削して復活させた温泉地だ。宿は昭和37年創業の「白根館」ただ1軒だけ。この温泉が最高なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る