「白根館」山梨県南巨摩郡 ダム底から湧き出る極上のお湯

公開日: 更新日:

 東京から車で3時間もかからないのに、着いた途端、「遠い!」と口から出てしまった。中央道を甲府南ICで降り、富士川に沿って一般道を40分ほど南下。身延町飯富交差点でV字に右折し、今度は富士川の支流・早川に沿って山間の道を50分ほど北上する。

 時間もさることながら、代わり映えしない景色に心が折れた。紅葉の季節ならまだ目も楽しいだろうが、冬は川にゴロゴロ転がる巨岩だけが目につき、殺伐とした気分になる。とてもドライブ気分にはなれない道のりだが、こちとら一人で温泉巡礼の旅の途中。苦行の末にこそ極楽はある……。果たしてその通り、極上の湯はあった。

 早川渓谷最奥の集落にある奈良田温泉。昭和32年に早川にダムができた際、ダム底に沈んだ集落に湧いていた温泉を再掘削して復活させた温泉地だ。宿は昭和37年創業の「白根館」ただ1軒だけ。この温泉が最高なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る