小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<17>「嫉妬」は頑張っている証拠…味方にして成長する

公開日: 更新日:

「同期が先に部長に昇進した」

「後輩が花形部署に抜擢された」

「同僚が転職して稼ぎがよくなった」
――「それに比べて俺はどうして……」

 会社勤めをしていると、ライバルの成功に気持ちがかき乱される場面が少なからずあるのではないでしょうか。昇進、昇格、評価、人事異動。人間がやることですから正しいとは限りません。納得できないケースも多くなります。

 よく見ると「嫉妬」って、どちらも女偏なんですね。でも、男性だって嫉妬しますよね? 誰もが持ち合わせる、ごく自然な感情だと思います。

 それなのに「醜い」「見苦しい」というネガティブなイメージでとらえられやすい。なにかと悪者扱いされるのです。でも、嫉妬心を抱くのは決して悪いことではありません。うまく向き合って味方にできれば、その後の自分の成長を支えてくれると思うのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る