池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

シニアの断捨離 クローゼットを「3分の1」に減らす方法

公開日: 更新日:

 外出自粛要請の期間に大掃除に励んだ方も多いことだろう。当然ながら、手を付けるのはクローゼットの洋服たちだ。

 シニア世代のクローゼットには、なんとなく捨てられないサラリーマン時代のスーツやワイシャツ、ネクタイ、さらに若い頃着ていた革ジャンやジーンズなども眠っているはずだ。思い出に浸るのも結構だが、しょせんはタンスの肥やし。スペースを取るだけの洋服たちは思い切って処分すべき可燃ごみでしかない。

「まだ着られる服」「いつか着るかもしれない服」は、決して着ることはないと断言できる。なぜなら服には流行があり、定番に見えても必ず色柄やシルエットが時代に合わせて進化しているからだ。

 シャツは身幅や袖筒の太さ、襟羽根の長さなど必ず変化している。青色のシャツひとつ取り上げても、青色の発色やトーンが時代ごと微妙に違っていたりする。さらに着る人も年を増して肌ツヤや髪色が変われば、似合う服も変わってくるため、数年前に着ていた服に袖を通すと、なんとなく違和感を覚えてしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る