ガラガラなのに…警察がスピード違反取り締まり強化の理由

公開日: 更新日:

「何でこんな時期に取り締まりをするんだ。他にやることあるだろう」

 全国に緊急事態宣言が発令された直後、東京都中央区の路上でスピード違反をした40代ぐらいの男性運転手が、取り締まりをしていた警察官3人に対し、えらいけんまくで食ってかかっていた。

 新型コロナウイルスの感染拡大後、警察が取り締まりを強化したのには、訳がある。外出自粛要請が出されて以降、全国各地で交通量が激減。渋滞がなくなり、高速道路や幹線道路はガラガラとなった。車や歩行者が少なくなったことで交通事故数は減ったが、ついスピードを出し過ぎたり、注意力が散漫になり、都市部では重大事故が激増しているのだ。

■10キロ増が生死を分けることも

 今年に入ってから5月17日まで、東京都の人身事故発生件数は、前年より3045減の8939件(マイナス25・4%)ながら、死者数は5人増の50人。大阪府の人身事故発生件数は同2210減の9283件(同19・2%)で、死者数は4人増の50人。愛知県の人身事故発生件数は同2586減の9188件(同22%)だったが、死者数は15人増の62人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る