神からの啓示?メキシコ北部の街に季節外れのひょうが降る

公開日: 更新日:

 写真を見て、すぐにピンとくる人はどれほどいるだろうか。

 メキシコ北部モンテモレロス市に18日、新型コロナウイルスの形状に似た雹(ひょう)が降った。国民の大多数がカトリック信者であることもあり、地元では「神からの啓示だ」と騒ぎになった。

 地元メディアも「神が人間に対して、今は外出せずに自宅にいなさいと告げているのかもしれない」と伝え、SNS上でも雹とコロナを関連づけた書き込みが急増した。

 ただ世界気象機関(WMO)の気象学者ホセ・ミゲル・ビーナス氏は、「実は珍しい現象ではありません。雹が空中で何度もぶつかりあうと、角状の突起が表面にできることがよくあります」と説明する。神からの啓示と捉えた地元の人たちは、屋内で静かに雹がやむのを待ったという。

 メキシコのコロナ感染者は約5万5000人。現在も増加傾向にあり、19日は1日当たりの感染者数が2700人超で記録を塗り替えたばかり。やはり神のお告げだったのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る