シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

公開日: 更新日:

 これだけサービス精神のある看護師さんはめったにいない?

 ロシアの首都モスクワの南部にあるトゥーラ市の病院で、新型コロナウイルス感染症の患者の世話をする看護師のナディアさん。シースルーの防護服の中は水着しかつけていない。

 地元メディア「トゥーラ・ニュース」が患者の撮った写真を入手し、ナディアさんのコメントも紹介した。

「防護服はとにかく蒸れるし、暑い。ですから水着を着ているのです」

 この報道が出た後、ロシア医療関係者は「病院側はシースルーではなく、普通の防護服を着用させるべき」とコメントしたが、ナディアさんはそうした声も十分に承知していたはず。

 コロナに感染してつらい日々を過ごす男性患者のために、シースルー防護服の下に水着を着たなんて理由を、表向きにはなかなか言えない。だが、男性のコロナ患者から「大きな支援を受けている」と同報道は伝えている。

【写真】新型コロナウイルス対応の医療従事者に感謝の「青」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  10. 10

    渡部建は複数女性と…美人妻と結婚した男ほど浮気する心理

もっと見る