石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

「おくりびと」全国3000人の半数は副業 では1回の収入は?

公開日: 更新日:

 総務省の予測では日本の65歳以上の人口比率は2025年に30%、60年には40%に達する見込みだ。今回取材したのは高丸慶さん(37歳)だ。

 高丸さんは看護師でもあり経営者でもある。訪問看護事業を本業として行うかたわら、納棺師を養成する「おくりびとアカデミー」にも取締役として参画運営している。

 なおアカデミーの卒業生たちには、納棺師を副業としている人もいる。

「納棺師は、故人の遺体を洗い清めて、お化粧や衣装などの身支度をして、棺に納めるまでを担います。火葬まで遺体の腐敗を防ぎ、適切な状態で保つ技術や、故人とのお別れの時間を適切なものにするための所作などが必要です」(高丸さん)

 納棺師の存在は映画「おくりびと」でも世間に広まった。学校の概要を聞いた。

「東京都港区三田で、毎年4~9月の6カ月間、木・金・土曜日が授業となっています。募集人数は10人程度、学費は120万円です。納棺師としての心構えや所作を教える概論、感染症の予防、死者へのメーク、宗派による違いなどさまざまなことを学びます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る